普通の話を書く

普通の話である、平均的な価値観を良しとしてその世界を書く、というのも最近は特にピンと来なくなった。それこそマキューアンの『土曜日』みたいなギリッギリの普通さ、というのなら、鑑賞するとウオッてなるんだけど。あとは…『普通の人々』『アメリカン・ビューティー』か。うーん…いやこれらの映画はどうだろう。でも挑戦的ですよ。
そこまで挑戦的なものにするつもりも書き手はおそらくない、というのが一番悪いような気がする。