予定の変更

まあコミケは受からんだろうなーと思ってはいたけど、出すとしたらどんな本にしようかぐらいのことは考えていた。今までは挨拶に行くとタダで本を貰うというインシデントも発生してしまっていたのでそれも良くないだろうと作ってたとこあった(もちろんそれだけじゃないけど)。
だからサークル参加はしようがしまいが本は作ってたしこのままスライドしてけばなんか長机の内側パイプ椅子にケツを据えちゃんとした本を頒布するもんなんではないかとなんとなく思ってた。
 
でまあ、実際本当に落ちてしまうとあら不思議、本そのものを作る気が無くなってしまった。最近アリエリーのTEDを見てたんだけど、行動経済学的に説明すれば参加しての製本が前提になってたので無の状態になったらやる気を失ったということなのだと思う。人間の動機づけのやっかいさよ。
 
というわけで予定変更ということに相成ったわけだけどそれはそれでやることは多々あるなーという状態なので、そっちのほうに専念したい。これも神の思し召しということで。
自分は特定の宗教を信望してないのにこういうときは神はこういってんだろうなとなんとなく思う。初めて行く飯屋で失敗したときなんかは最もそう感じますね。逆にいい飯屋だなーと感じると通い詰める。
難しく解釈せず日本的に言えば縁があるというやつ。ぱっと浮かんだけど「エニシエーション」って和製英語にできそーじゃないですかこれ?
 
ところでイベントでは頒布物以外は渡してはならんというルールが存在していることを後から知った。身内ならええやんとも思ったが、郷に入らばなんとやら。イベント後打ち上げで渡してたので問題ないだろうけど。
おすすめ情報の共有をしたらというのも前回から考えたりした。これが会社とか、実作業を共有してるメンバーとかなら、slackなりgoogle driveなりでいいかなと思うが、なんせ年二回のイベント。そこまで参加者間の拘束力は強くない。
情報の共有、クローズドな運用でmastodonはどうか、みたいな話題も見た。ならslackでいいのではとも思ったが、mastodonなら完全に他所と接続を切って自社でやるなら無料で行けるとのこと。なるほどそういうのもあるのね。