Amazon Drive不具合

案の定と言おうか何と言おうかamazon driveの同期が失敗していた。
 

f:id:henmay3:20170530134516p:plain

chromeから確認したフォルダの中身。clipではなくpsdファイルすね。元ファイルがちゃんとアップロード出来ず末尾にログ名(?)がついて失敗したファイルが何個も上がってる。
で、一番最初に上がってたのをダウンロードしてみたら…ちゃんとフォトショで開けた。破損してるわけでもなさそう。謎い。
ところが同じ現象を起こした別のファイルは元ファイルも失敗ファイルも両方破損してた。うう~んもとから壊れてた可能性もあるけど…オリジナルのコピーも残ってないので確認しようがなし。トホホ。なくなっても別に構わないファイルだったので良かったけどもしそうじゃなかったら…と思うと大変すね。要注意、ということで。
 
しかし原因はなんだろうな~、容量がデカかったりファイル構成が複雑だったりしたのがまずかったかな~。そもそも同期もファイルに関係なく固まるときは固まってしまう。
 
 

f:id:henmay3:20170530135018p:plain

「ビュー」っていう項目をクリックしてウィンドウで残りを確認した状態。低容量の画像ファイルなのに0%のままぐーるぐる。
 
 

f:id:henmay3:20170530135142p:plain

タクスマネージャーでのプロセス。ディスクを圧迫しててネットワークに反応なし。
 
 

f:id:henmay3:20170530135156p:plain

こっちが正常な状態。きちんとアップロードされてる。
 
ううーーん。確証がないけどとりあえず三つほど考えられる原因が。
まずファイルが複雑なのがまずい。
次に動画のときは容量もあるから同時アップロード数は2つにしといたんだけど、4にしたのがまずかったか。また2に戻したけど安定してるように見える。
それから最後に同期が固まるのは…マジかよと思ったけど、ビューで残りのファイル数を確認しようとスクロールバーを下まで引っ張ったりすると…固まった。え、まじで?まじでそんなこと?もう一回やる。固まる。ディスクを圧迫しアップロードが止まる。マジかよ。メカも一気に60階がどんだけ高いか見せられるとやる気を失うの?という感じである。
 
同期やファイル管理だけならone driveのほうが優秀だろうか。
ダウンロード速度はamazon driveは5-25Mbpsのあいだ、平均だと…10ぐらいに見えるんだけど…。
one driveはMicrosoft謹製なだけあってめちゃくちゃ速かった。30-60Mbpsとか?あっという間に1TBのファイルをローカルに持ってこれた。アップロードは今の環境ではしなかったけどamazonよりは速いんじゃないだろうか。
ただ同期するファイル数は選べない。必ず6つ。失敗して最初からやり直しになったりするし、ネットワークそのものが千切れたりもした。原因は特に追求しなかったけど…なんとなくビュワー(honeyview)を使ってると落ちる確率が高そーな気がしてたので極力使わないようにしてた。
 
そのぐらいかなあ。dropboxは同期が失敗した例が無い。めっちゃ優秀という印象だけど、無料プランの小数ファイルのみで、大容量のバックアップなんて使い方はしたことが無いので、比較できない。
 
ああ、小さいファイル複数のほうが1つの大きいファイルよりアップロード時間が短いのではとも思ってたけど、ひとつひとつ手続きが発生するならかえって遅くなるというのも。失敗が大小関わらず発生するなら、大きなひとまとまりのファイルのほうが早く終わる…んだろうか。なんとも言えない。
 
クラウド環境をちゃんと考える、PCに余計な動作をさせたくないならデータ管理専用のPCがもう一個あるのがベストかな~。
surfaceシリーズどれか一台(surface proが良さそうに見える)とipad proが一台あったらやっぱりいいなと思う。
 

追記

amazon drive、前に同期を切ったフォルダを再同期したら、一度にたくさんのフォルダの同期は受け付けてくれない。ちょっとずつボックスにチェックを入れるはめに。
・何度チェックを入れても同期状態にならないという現象も発生。チェックそのものを受け付けてくれてない様子。
chromeからフォルダの場所を移動してみる→ダメ
帯域幅変更、一度に同期するファイルを1つにしてみる→ダメ
 
オージーザスクライスト。
 

原因がわかった

で、結局解決してくれた。Amazon Driveで作成した新しい最上位フォルダーの同期を無効にする、っていうチェック項目があるんだけど、
 
これをオフ状態にしても一度ローカルからの同期を外したそのフォルダ内の最新フォルダは同期してくれない。
 
なんその仕様。
だから解決策としては
 
・新しいフォルダを作成して同期を外す→同期出来なかったフォルダを再度チェック
 
これでできるはず。今度は新しいフォルダのほうが同期できなくなるけど。フォルダ名の検討はしなかったけど名前順でソートして一番下に来るものだけを扱った。
ちなみに原因がわからなかったときは
 
・ブラウザから元フォルダを一度別の場所に移動→同名フォルダ新規作成→中身のファイルだけ戻す
 
という方法で同期した。この方法でも行けるけどより手間がかかる。どちらにしろ「非同期にした最新フォルダは地雷」ということで。
中身も特に問題なさそう。
…。一体なんだったんや…。
そういや通信速度制限時にはamazon driveそのものを立ち上げられないという不具合も発生する。受信するというアクションを起こしてそれっきり。これはまあ…しょうがないかな。十分な帯域幅を確保しろということだろうし、うん。
 
………。
データ、NASRAID組んでというのも考えた時期もあった。しかしローカルにはデータを保持せずクラウドにバックアップするという前提で今の状況になってる。いやアプリが不具合起こさずちゃんと同期されるなら選択肢としてアリか?
うううーん…ローカルのHDを絶対に利用する必要はあるから、じゃあそれなりにちゃんと管理したほうがよくない?PCも複数台になるかもよ?というのも確かで。
…スペースと電気代と回線次第カナー。毎月いくらかけるのかという話になる。一箇所にファイルを置くというのもやっぱり問題があるねと改めて思った。
 
…イヤァーーー。ファイル管理って大変ね…。